【マッチングアプリ失敗談】23歳女性OLのはずがキャバクラ嬢だった

menu

【マッチングアプリ失敗談】23歳女性OLのはずがキャバクラ嬢だった

HOME » キャバクラ嬢専門の出会いサイト » 【マッチングアプリ失敗談】23歳女性OLのはずがキャバクラ嬢だった

・本当にマッチングアプリ失敗談?
真剣な婚活や恋活をする目的でマッチングアプリを利用する方も少なくありませんが、成功することばかりではなくて、マッチングアプリを利用した失敗談というのもあるのです。
そのひとつの例としては、男性によってはラッキーと思う人もいるでしようが、23歳女性OLのはずがキャバクラ嬢だったという失敗談があります。

この失敗談の内容というのは、相手のプロフィールが23歳の神奈川県在住のOLで、男性の年齢も25歳で神奈川県在住という共通点がきっかけだったのです。
また趣味の登録がお互いに読書だったので、好きな小説やおすすめの作家の話をすることが多くて、実際に会うことを想定してカフェ好きもアピールしました。
ただ、この出会いが登録後に女性の方からアプローチがあったという点に注意すれば、23歳女性OLのはずがキャバクラ嬢だったという失敗談にはならなかったと言えます。

・マッチングアプリ利用の目的が
狙い通りランチをしながらカフェに行く約束を取り付けて、その約束をするタイミングからお互いのLINEでのやり取りに移行したのです。
ただ、お互いの予定が合わずに会う日が多少遅くなって、この時点でOLにしては予定が合わないのはおかしいと疑問を抱くことができると失敗談にならなかったと言えます。

実際に会った女性の容姿や性格、経歴なども普通に感じたこともあって、キャバクラ嬢ということを一切疑わなかったそうです。
しかし、女性と直接話をするなどを続けていくうちに少しずつ違和感が生まれて、女性もそれに気づいたのか23歳のOLではなくてキャバクラ嬢だったと打ち明けてくれたそうです。
さらに完全にマッチングアプリのメッセージの時点で、狙っていたということも正直に話してくれたのです。
ただ、考えてみれば仕方がないことと理解できる点もあって、23歳女性OLのはずがキャバクラ嬢だったというのは、一概にマッチングアプリ失敗談とは言えないと感じているようです。

このようにマッチングアプリを利用する目的がキャバクラ嬢の営業というケースもありますが、マッチングアプリに登録している女性の多くは、真剣にお付き合いできる男性からのアプローチを待っています。
またキャバクラ嬢であっても営業目的ではなくて、真剣に彼氏を求めてマッチングアプリを利用することもあるのです。
ですから、女性は出会いを求めていることを念頭において、男性から積極的にアプローチすることをおすすめします。